「アダルトサイトを閲覧している姿を撮影した」脅迫メールの報告が急増(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.16(土)

「アダルトサイトを閲覧している姿を撮影した」脅迫メールの報告が急増(IPA)

IPAは、「安心相談窓口だより」として「性的な映像をばらまくと恐喝し、仮想通貨で金銭を要求する迷惑メールに注意」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
恐喝メール(英語)の例
恐喝メール(英語)の例 全 2 枚 拡大写真
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月10日、「安心相談窓口だより」として「性的な映像をばらまくと恐喝し、仮想通貨で金銭を要求する迷惑メールに注意」を発表した。2018年7月以降、「アダルトサイトを閲覧しているあなたの姿をWebカメラで撮影した。家族や同僚にばらまかれたくなければ仮想通貨で金銭を支払え」というメールを受信したという相談が多く寄せられているという。

2018年の3月に初めての相談があり、7月に再度相談が寄せられ、7月と8月は合わせて30件に件数が増加、9月には263件に急増した。また、8月までは英語の文面だったが、9月19日以降は日本語の文面が多くなっている。メールには複数のパターンが確認されているが、「自分のパスワードが記載されている場合がある」「『アダルトサイトを閲覧している姿を撮影し、連絡先情報を収集した』と脅す」「仮想通貨を要求する」「送信元が自分のアドレスになっている場合がある」といった共通の特徴がある。

IPAでは、この手口は迷惑メールの一種に過ぎず、届いてもメールを無視し仮想通貨を支払わないよう呼びかけている。また、メールに記載されていたパスワードを現在も使用している場合には、パスワードを変更する。パスワードはできるだけ「長く」「複雑」にし、可能であれば二段階認証の設定をするよう推奨している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

    マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

  2. 禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

    禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

  3. Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

    Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

  4. 量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

    量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

  5. 複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

    複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

  6. チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

    チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

  7. CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

    CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

  8. 月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

    月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

  9. アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  10. Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

    Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る