「APT10」によるサイバー攻撃に強い懸念、各国の発表を支持(NISC) | ScanNetSecurity
2020.02.22(土)

「APT10」によるサイバー攻撃に強い懸念、各国の発表を支持(NISC)

NISCは、「APT10といわれるグループによるサイバー攻撃について」とする注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
外務報道官談話(外務省)
外務報道官談話(外務省) 全 1 枚 拡大写真
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は12月20日、「APT10といわれるグループによるサイバー攻撃について」とする注意喚起を発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)もこれを受け、「内閣サイバーセキュリティセンターによる注意喚起について」を発表している。注意喚起は、外務報道官談話が発出されたことに対するもの。

12月20日から21日(現地時間)にかけて、英国および米国等は、中国を拠点とするAPT10といわれるサイバー攻撃グループに関して声明文を発表した。日本においても、APT10からの民間企業、学術機関等を対象とした長期にわたる広範な攻撃を確認しており、強い懸念をもって注視してきたことから、サイバー空間におけるルールに基づく国際秩序を堅持するというこれらの国の決意を強く支持するとしている。今後とも、政府として国内のサイバーセキュリティ対策の徹底に関する注意喚起を実施する予定としている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  2. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  3. 職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

    職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

  4. SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

    SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

  5. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  6. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  7. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  8. 6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

    6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

  9. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

  10. 国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S)

    国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S)

ランキングをもっと見る