ICANN CSO が語る、企業ドメイン名の悪用実態とケース別対策 | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

ICANN CSO が語る、企業ドメイン名の悪用実態とケース別対策

ICANN CTOでありChief Security, Stability & Resiliency Offcerであるジョン・L・クライン氏が、JPNIC主催のセミナーに登壇するため来日した。国内でもよく問題になるDNSの悪用について語っていただいた。

脆弱性と脅威 脅威動向
ICANN CTO Chief Security, Stability & Resiliency Offcer ジョン・L・クライン氏
ICANN CTO Chief Security, Stability & Resiliency Offcer ジョン・L・クライン氏 全 2 枚 拡大写真
 今秋、ICANNの幹部である、ICANN CTOでありChief Security, Stability & Resiliency Offcerであるジョン・L・クライン氏が来日した。ちょうどKSKロールオーバー(DNS認証のルートキー更新)の期日が迫るタイミングだったが来日の目的は別にあり、タイミングはまったくの偶然ということであった。

 ScanNetSecurityは、来日の目的であるDNSの悪用(Abuse)に関してくわしい話を聞いた。

●攻撃にも欠かせないDNS

 クライン氏は、肩書にあるとおり、DNSインフラの安定性や可用性に責任を持つ立場だ。改めて、国内でもよく問題になるDNSの悪用について話がはじまった。

 DNSの悪用では、2018年初頭、国内の自治体や政府系公募事業で立てたキャンペーンサイトが、事業やキャンペーン終了後に放置され、アダルトサイトに利用されている実態が問題になった。また、更新を忘れて失効したものが知らない間に第三者に取得されるという問題も発生している。海外でも類似の問題は発生しているといい、まず、DNSの悪用は何が一番の問題になっているか聞いてみた。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  8. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る