短時間で影響を広げる国家主導のサイバー攻撃者グループ(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2019.11.22(金)

短時間で影響を広げる国家主導のサイバー攻撃者グループ(CrowdStrike)

CrowdStrikeは、「2019年版 CrowdStrikeグローバル脅威レポート:攻撃者グループが身につけたノウハウとスピードの重要性」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
サイバー攻撃者グループの「ブレイクアウトタイム」の上位ランキング
サイバー攻撃者グループの「ブレイクアウトタイム」の上位ランキング 全 3 枚 拡大写真
CrowdStrikeは2月20日、「2019 CrowdStrike Global Threat Report: Adversary Tradecraft and The Importance of Speed(2019年版 CrowdStrikeグローバル脅威レポート:攻撃者グループが身につけたノウハウとスピードの重要性)」を発表した。同レポートでは、攻撃者ランキングやサイバー攻撃の詳細なインサイトを解説している。

レポートによると、サイバー攻撃者グループの「ブレイクアウトタイム」の上位ランキングは次の通り。

・ロシアの国家主導攻撃者「Bears」:18分49秒
・北朝鮮の国家主導攻撃者「Chollimas」:2時間20分14秒
・中国の国家主導攻撃者「Pandas」:4時間26秒
・イランの国家主導攻撃者「Kittens」:5時間9分4秒
・サイバー犯罪者「Spiders」:9時間42分23秒

また、2018年のサイバー攻撃のトレンドとして、大規模組織にランサムウェアを展開することを目的に、標的型攻撃の手法で侵入を試みる「Big Game Hunting」の増加や、能力の高いサイバー犯罪者グループが協力して行うサイバー犯罪の増加、マルウェアを使わない侵入のターゲットリストの上位にメディア、テクノロジー、学術機関がランクされていることなどを挙げている。特に、中国のサイバー犯罪グループによる活動が加速しているという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

    社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

  2. プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

    プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

  3. 新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

    新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

  4. ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

    ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

  5. 楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  6. 電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

    電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

  7. レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

    レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

  8. オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

    オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

  9. ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

    ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

  10. 「ジョブならnet」に設定誤り、企業と応募者にメールアドレスが流出(奈良県)

    「ジョブならnet」に設定誤り、企業と応募者にメールアドレスが流出(奈良県)

ランキングをもっと見る