オレオレ詐欺と架空請求詐欺の認知件数、特殊詐欺の約85%を占める(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.20(土)

オレオレ詐欺と架空請求詐欺の認知件数、特殊詐欺の約85%を占める(警察庁)

警察庁は、平成30年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
特殊詐欺の認知件数と被害額の推移
特殊詐欺の認知件数と被害額の推移 全 2 枚 拡大写真
警察庁は2月21日、平成30年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。これによると、平成30年の特殊詐欺の認知件数は16,493件(前年比-1,719件、-9.4%)と、平成22年から7年連続していた増加傾向が減少に転じた。被害額は356.8億円(同-38.0億円、-9.4%)と4年連続で減少している。しかし、依然として高水準で推移しており、深刻な情勢としている。

既遂1件あたりの被害額は、228.9万円(同-0.1万円、-0.1%)となっている。地域別にみると、41道府県において被害額が減少した一方で、東京、埼玉、神奈川の認知件数が大幅に増加した。特殊詐欺全体での高齢者(65歳以上)の被害認知件数は12,867件で、高齢者率は78.0%と5.5ポイント増加している。

手口別では、平成29年に大幅に増加した「オレオレ詐欺」と「架空請求詐欺」の認知件数が全体の84.8%を占めた。オレオレ詐欺の認知件数は9,134件で前年から638件増加した一方、被害額は182.8億円で前年から減少している。架空請求詐欺の認知件数は4,852件で前年から減少したが、被害額は137.4億円で前年から増加している。還付金詐欺は認知件数(1,910件)、被害額(22.5億円)ともに前年から大幅に減少した。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

    BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

  2. 「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

    「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  3. 仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  4. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  5. イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

    イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

  6. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  7. より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

    より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

  8. 複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  9. クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

    クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

  10. 経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

    経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

ランキングをもっと見る