脆弱性を持つWebメールクライアント「IMP」を探索するアクセスが増加(警察庁) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

脆弱性を持つWebメールクライアント「IMP」を探索するアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、「ウェブメールクライアント『Internet MessagingProgram』の脆弱性を有する機器に対するアクセスの増加等について」とするレポートを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
IMP に対するアクセス件数の推移(着信元国・地域別 i H31.1.1~2.28)
IMP に対するアクセス件数の推移(着信元国・地域別 i H31.1.1~2.28) 全 2 枚 拡大写真
警察庁は3月28日、「ウェブメールクライアント『Internet MessagingProgram』の脆弱性を有する機器に対するアクセスの増加等について」とするレポートを発表した。レポートではこのほか、「宛先ポート8080/TCP等を利用したSYN/ACKリフレクター攻撃とみられるアクセスの観測」「宛先ポート123/UDPに対するNTPリフレクタースキャンとみられるアクセスの増加」について紹介している。

「Internet MessagingProgram」(IMP)は、The Horde Projectが開発したIMAP対応Webメールクライアントであり、グループウェア「Horde」のメール機能として使用され、フリーソフトとしても配布されている。この脆弱性を有する機器に対するアクセスが、2019年1月17日以降、増加している。脆弱性は、遠隔の第三者から任意のOSコマンドを実行されるというもの(CVE-2018-19518)で、アクセス元は中国と米国が多い。これらのアクセスは、脆弱性を有するIMPの稼働確認を広く行っているものと考えられるという。

同庁ではPHPおよびIMP利用者への対策として、PHPを最新バージョンにアップデートすることを呼びかけている。アップデートが困難である場合には、IMPのインストール後に必要な初期設定を行った後、テストページの削除または外部からのテストページに対するアクセスの遮断等の制限を実施する。また、一般の利用者がアクセスする必要のないページについては、特定のIPアドレスからのみ許可するなどの適切なアクセス制限を実施することが有効としている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  2. 職員の個人情報流出、54歳主査懲戒免職(弘前市)

    職員の個人情報流出、54歳主査懲戒免職(弘前市)

  3. エアギャップ攻撃ツール Ramsay が日本で発見された可能性/北朝鮮による防衛・航空宇宙分野の攻撃増加 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    エアギャップ攻撃ツール Ramsay が日本で発見された可能性/北朝鮮による防衛・航空宇宙分野の攻撃増加 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  6. 1人4万円損害賠償支払い、愛知県の新型コロナ感染者 Web 掲載事故 ~ 過去判例を参考

    1人4万円損害賠償支払い、愛知県の新型コロナ感染者 Web 掲載事故 ~ 過去判例を参考

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  9. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  10. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

ランキングをもっと見る