Google セキュリティ保証チーム 脆弱性事件簿 | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

Google セキュリティ保証チーム 脆弱性事件簿

GoogleにはPROJECT ZEROという市井ソフトウェアの脆弱性発見プログラムがあるが、自社製品についてもリリース前のセキュリティ監査やバグや脆弱性をFIXさせるチーム、Gooogle Security Assurance Teamが存在する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
Gooogle Security Assurance Teamのブライアン・ヤング氏
Gooogle Security Assurance Teamのブライアン・ヤング氏 全 1 枚 拡大写真
 Google には PROJECT ZERO というソフトウェアの脆弱性発見プログラムがあるが、自社製品についてもリリース前のセキュリティ監査やバグや脆弱性を FIX させるチーム、Gooogle Security Assurance Team が存在する。

 拠点はワシントン州カークランドオフィス内と、シアトルオフィスにある。他にもカリフォルニア州サンフランシスコ、ロンドンにも同様なチームがあり、連携して Android のバグや脆弱性と戦っている。昨秋 PacSec2018 で来日し講演した、ハッカー然としたブライアン・C・ヤング氏はシアトルオフィスのメンバーの一人だ。

 「この仕事は、重大なバグや脆弱性が、出荷される前や人々の目に触れるまえに、それを検証できることが特徴。日々、信じられないようなバグ、重大な脆弱性を目の当たりにしている(ヤング氏)」

 果たしてヤング氏はどんな歴史的バグの目撃者となり、そして生き延びたのか。同氏の講演をベースに再構成しそれを紹介する。※本稿は講演をもとに登壇者のモノローグ構成にアレンジされており発表内容の逐語紹介やヤング氏の発言順とは異なる

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  4. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  5. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  6. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  7. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  8. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  9. ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

    ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

  10. セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る