HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN) | ScanNetSecurity
2020.01.19(日)

HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、HTTP/2実装に対する、さまざまなサービス運用妨害(DoS)攻撃手法が報告されていると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月14日、HTTP/2実装に対する、さまざまなサービス運用妨害(DoS)攻撃手法が報告されていると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

HTTP/2通信の処理は、HTTP/1.1通信の処理と比較して多くのリソースが必要であり、RFC7540のSecurity ConsiderationsセクションにおいてもDoS状態に関する検討が行われている。しかし、その対策については実装者に任されており、これが次の問題につながっている。

・Data Dribble(CVE-2019-9511)
・Ping Flood(CVE-2019-9512)
・Resource Loop(CVE-2019-9513)
・Reset Flood(CVE-2019-9514)
・Settings Flood(CVE-2019-9515)
・0-Length Headers Leak(CVE-2019-9516)
・Internal Data Buffering(CVE-2019-9517)
・Empty Frame Flooding(CVE-2019-9518)

これらの攻撃手法により、Distributed DoS(DDoS)攻撃が行われる可能性がある。JVNでは、各 HTTP/2 実装者が提供するアップデートを適用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  2. 上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのか

    上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのかPR

  3. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

  4. DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

    DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

  5. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  6. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  7. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  8. Intelが複数の製品に対するアップデートを公開(JVN)

    Intelが複数の製品に対するアップデートを公開(JVN)

  9. 従業員が同業他社に顧客情報を漏えい(増田経済研究所)

    従業員が同業他社に顧客情報を漏えい(増田経済研究所)

  10. 県立佐渡高等学校で誤って別の保護者にマイナンバー漏えい(新潟県)

    県立佐渡高等学校で誤って別の保護者にマイナンバー漏えい(新潟県)

ランキングをもっと見る