マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック) | ScanNetSecurity
2020.01.19(日)

マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

ラックは、エンドポイントのセキュリティ対策であるEDRのマネージドサービスの対象にCrowdStrikeを加えた「マネージドEDRサービス for CrowdStrike」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは8月21日、エンドポイントのセキュリティ対策であるEDR(Endpoint Detection and Response:エンドポイントでの検知と対応)のマネージドサービスの対象にCrowdStrikeを加えた「マネージドEDRサービス for CrowdStrike」の提供を開始すると発表した。「マネージドEDRサービス for Windows Defender ATP」に続く第2弾のマネージドEDRサービスサービスとなる。

ラックではCrowdStrike社の「CrowdStrike Falcon」を、未知の脅威に対する検知精度の高さや、脅威インテリジェンスとの連携や脅威ハンティング機能に優れると評価。ユーザに代わりラックがエンドポイントの監視・隔離・調査を対応を行う。常時監視やユーザに影響を及ぼす攻撃が発生した際の対象端末の論理隔離を、運用監視センター「JSOC」が行い、調査や分析はフォレンジック専門チーム「サイバー救急センター」が実施する。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  2. 上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのか

    上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのかPR

  3. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

  4. DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

    DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

  5. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  6. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  7. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  8. Intelが複数の製品に対するアップデートを公開(JVN)

    Intelが複数の製品に対するアップデートを公開(JVN)

  9. 従業員が同業他社に顧客情報を漏えい(増田経済研究所)

    従業員が同業他社に顧客情報を漏えい(増田経済研究所)

  10. 県立佐渡高等学校で誤って別の保護者にマイナンバー漏えい(新潟県)

    県立佐渡高等学校で誤って別の保護者にマイナンバー漏えい(新潟県)

ランキングをもっと見る