国内の主要な個人情報漏えい事故を収録「日本情報漏えい年鑑2019」(イード) | ScanNetSecurity
2020.08.10(月)

国内の主要な個人情報漏えい事故を収録「日本情報漏えい年鑑2019」(イード)

イードは、2018年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2019」を発刊したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社イードは9月4日、2018年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2019」を発刊したと発表した。本年鑑は、同社が運営するセキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」が配信するニュースの中から、企業や官公庁による個人情報漏えい事故を収集・掲載したもので、2002年から毎年刊行されている。

どのような事件が何故起きたのか、2018年に発生した代表的情報漏えい事故約250件を編年的に総覧できるほか、索引に掲載された企業名から漏えい事故を検索することもできる。また、事故ごとに「事故発生のリリース発表日」「企業・団体名」「漏えい件数」「漏えい原因」「関連URL」を収録している。

本年鑑は、PDFファイル版(メール納品:60,000円、CD-ROM:65,000円)、書籍版(75,000円)が用意されている。また、ローデータCSVファイル版(180,000円)も用意。こちらには、個人情報保護法が施行された2005年1月から2018年12月までの14年間に国内で発生した主要な情報漏えい事故約1,400件のデータを収録している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  3. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  4. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  5. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  6. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  7. 国産Linux OS、最新の暗号へ対応しセキュリティ強化(サイバートラスト)

    国産Linux OS、最新の暗号へ対応しセキュリティ強化(サイバートラスト)

  8. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  9. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  10. 令和2年版 情報通信白書、「5G時代のサイバーセキュリティ」に言及(総務省)

    令和2年版 情報通信白書、「5G時代のサイバーセキュリティ」に言及(総務省)

ランキングをもっと見る