新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会) | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

公益財団法人日本スポーツ協会は11月15日、同協会が保有する国体参加者と公認スポーツ指導者データを一部転用・加工したデータが、新システム開発の再委託先が不正アクセスを受けデータベースから削除されたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
公益財団法人日本スポーツ協会は11月15日、同協会が保有する国体参加者と公認スポーツ指導者データを一部転用・加工したデータが、新システム開発の再委託先が不正アクセスを受けデータベースから削除されたと発表した。

これは同社の新システム開発の委託先である株式会社電通の再委託先である株式会社スポーツITソリューションにて、開発環境のセキュリティ設定に不備があったために動作検証用に構築したサーバが不正アクセスを受け、国体参加者と公認スポーツ指導者データを一部転用・加工したデータがデータベースから削除されたというもの。

新システム開発のために一部転用したのは、国体参加者データおよび公認スポーツ指導者データをテスト用に加工したもので、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報等は含まれない。

不正アクセスにより削除されたのは、最大で延べ632,402名の国体参加者データ(姓名(漢字・カタカナ)・性別・生年月日および国体参加履歴)と指導者データ(姓名(漢字・カタカナ)・性別・生年月日および指導者登録番号)。

なお、不正アクセスを受けたサーバは、現在稼働中の国体参加申込システム、公認スポーツ指導者システムとは別サーバであり稼働中のシステムへの影響は無い。

同協会では、警察と監督官庁へ届け出ると共に、個人情報保護法等や関係法令の定めに従い、情報公開と専用窓口の設置などの対応を進めている。

同協会では今後、委託先である株式会社電通および関係機関と協力し調査を進めるとともに、情報セキュリティ対策の一層の強化に取り組み再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  2. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  3. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  4. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  7. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  8. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  9. なぜハードディスクは消えたのか、これからもまた消えるのか

    なぜハードディスクは消えたのか、これからもまた消えるのか

  10. 顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

    顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

ランキングをもっと見る