NetStare SuiteのアラートをChatworkに通知可能に(セキュアヴェイル、Chatwork) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

NetStare SuiteのアラートをChatworkに通知可能に(セキュアヴェイル、Chatwork)

セキュアヴェイルはChatworkと提携し、セキュアヴェイルが独自に開発・提供するマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「NetStare Suite」のアラート通知機能を強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
NetStare Suiteの設定画面。通知先と通知するアラートレベルを指定
NetStare Suiteの設定画面。通知先と通知するアラートレベルを指定 全 2 枚 拡大写真
株式会社セキュアヴェイルは1月8日、Chatwork株式会社と提携し、セキュアヴェイルが独自に開発・提供するマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「NetStare Suite(ネットステア スイート)」のアラート通知機能を強化したと発表した。NetStare Suiteが検出したセキュリティインシデントを、Chatwork社が提供するビジネスチャットツール「Chatwork(チャットワーク)」にアラート発報することが可能になる。

NetStare Suiteは、ITインフラの監視とログ収集のほか、複合条件によるレポート・アラート機能、膨大なログデータ(ビッグデータ)による脅威トレンド情報やブラックリストの作成機能を提供するマネージド・セキュリティ・プラットフォーム。NetStare SuiteにChatworkのAPIトークンおよびルームIDを登録することで、そのIDのチャットルーム宛にアラート通知されるようになる。複数のチャットルームを作成し、アラートレベルや監視対象に応じて通知先を分ける運用も可能。

セキュアヴェイルは、このアラート通知機能を切り口にNetStare Suiteによる新たなビジネス展開の可能性を模索し、同社の従来のSOCサービスの領域と異なる、新たなビジネス領域とユーザの獲得に挑戦するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る