マルウェアの系統を自動判定するDNA鑑定など紹介 -- CYBER GRID JOURNAL(ラック) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

マルウェアの系統を自動判定するDNA鑑定など紹介 -- CYBER GRID JOURNAL(ラック)

ラックは、同社の研究開発部門「サイバー・グリッド・ジャパン」による情報提供誌「CYBER GRID JOURNAL VOL.9 "ニッポンのミライを救うサイバーセキュリティにおける「未病改善」の考え"」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
「CYBER GRID JOURNAL VOL.9」
「CYBER GRID JOURNAL VOL.9」 全 1 枚 拡大写真
株式会社ラックは3月19日、同社の研究開発部門「サイバー・グリッド・ジャパン」による情報提供誌「CYBER GRID JOURNAL VOL.9 "ニッポンのミライを救うサイバーセキュリティにおける「未病改善」の考え"」を公開した。今回は、同社のサイバーセキュリティ脅威に立ち向かう研究者の視点とその人物像に焦点を当て、近い将来のセキュリティ対策の方向性や、彼らが何を考えその業務に取り組んでいるかを紹介している。

特集では、「ニッポンのミライを救うサイバーセキュリティにおける『未病改善』の考え」として、サイバー・グリッド・ジャパン 次世代技術開発センター長である小笠原恒雄氏による「マルウェアのDNA鑑定で系統を自動判定する」、同リサーチャーの庄司勝哉氏による連載「リサーチャーの眼:第6回 AIによる脅威予測~どこまで可能なのか」を掲載している。

また、脅威情報ポータルサイト「LAC Journey」を開発した視覚障がい者による研究チーム(一藁俊裕氏、外谷渉氏、高原健氏、三川草平氏)で行った座談会「研究開発のこれまでとこれから」を掲載。研究に注ぐ思いや意見を語り合っている。「ラックの顔」では、同社のセキュリティ事業を牽引してきた2人のリーダー(セキュリティソリューション企画開発室:田原祐介氏、関宏介氏)に話を聞いている。同誌はPDFファイルとして無償でダウンロードが可能。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  3. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  4. “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

    “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

  5. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

  6. 自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

    自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

  7. 産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  8. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  9. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  10. 日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

    日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

ランキングをもっと見る