iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA) | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

IPAは、「安心相談窓口だより」に「iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に注意!」とする注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
カレンダーの共有通知およびイベント
カレンダーの共有通知およびイベント 全 2 枚 拡大写真
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月30日、「安心相談窓口だより」に「iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に注意!」とする注意喚起を発表した。2020年1月から3月にかけて、「iPhoneのカレンダーから、ウイルス感染しているという通知が出る」「iPhoneのカレンダーに、身に覚えのないイベントが入っている」といった相談が複数件寄せられているという。

これは、iCloudカレンダーの機能を悪用して、他人のカレンダーに不審な書き込みを行う手口で、iPhoneに身に覚えのないカレンダー通知が表示されたり、カレンダーアプリに身に覚えのないカレンダーやイベントが登録されていたりするもの。イベントのタイトルは「ウイルスに感染している可能性があります」「あなたのiPhoneは保護されていません!」などとなっている。

イベントにはURLが記載されており、これをタップすると不審なサイトにアクセスしてしまい、そのサイト経由で不審なセキュリティ対策アプリなどのインストールに誘導されたり、サイトにメールアドレスや電話番号、クレジットカード情報などの個人情報を入力すると、情報を搾取される可能性がある。

この手口は、iCloudカレンダーの「共有機能」や「出席依頼機能」を悪用していると思われる。これらの機能は、共有先に特定のiCloudメールアドレスを設定することで、その相手のカレンダーにイベントなどを登録できる。悪意のあるユーザが何らかの方法でiCloudメールアドレスを入手し、不審なイベントなどを登録していると考えられるとしている。IPAでは、身に覚えのない共有カレンダーやイベントの参加依頼が届いた場合は、「削除してスパムを報告」の操作を行うよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  6. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  7. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. 東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

    東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る