Bluetoothの仕様に不正な操作やデータ侵害など複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2021.01.27(水)

Bluetoothの仕様に不正な操作やデータ侵害など複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Bluetoothを構成するコア仕様の一部に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月19日、Bluetoothを構成するコア仕様の一部に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは5.4。

Bluetooth Low Energy (BLE) と Bluetooth BR/EDR (Basic Rate/Enhanced Data Rate) に対応している機器では、ペアリング時のアソシエーションモデルを強制することができる脆弱性(CVE-2020-10134)が存在する。ただし、攻撃を成功させるためには、攻撃者が一方の機器との間で NC モデルを、もう一方の機器との間で PE モデルによる処理をネゴシエートするとともに、被害者となる機器のユーザが、本来は PE として入力されるべき値として NC の値を誤って入力し、かつ NC 側の機器でその値を許可する必要があるなど、限定的な条件となる。

Bluetooth BR/EDR対応機器には、なりすまし攻撃手法が報告されている。Secure Connectionによりペアリングしている状態で、攻撃者は一方の機器のアドレスを騙り、相手機器に対してセキュアな通信ができなくなったと伝え、認証をダウングレードさせる。その後、相手機器との間でマスターとスレーブの役割切り替えを行い、自らが認証のイニシエータになる。スレーブとなった相手機器が攻撃側機器の認証を行わなければ、攻撃側がリンクキーを提示しないまま認証が完了する(CVE-2020-10135)。

JVNでは、CVE-2020-10134についてはBluetooth SIG のガイダンスを参照する、提供元のサプライヤに確認すること。CVE-2020-10135についてはBluetooth SIG が公表している情報や、Bluetooth 機能のサプライヤが提供する情報をもとに、製品をアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

    2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

  2. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  3. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  4. 日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

    日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

  5. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  6. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  7. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  8. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  9. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

  10. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

ランキングをもっと見る