ペネトレーションテストサービス提供開始、社外取締役上野氏も担当(Flatt Security) | ScanNetSecurity
2021.01.18(月)

ペネトレーションテストサービス提供開始、社外取締役上野氏も担当(Flatt Security)

Flatt Securityは、「ペネトレーションテスト」の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社Flatt Securityは6月4日、「ペネトレーションテスト」の提供を開始したと発表した。ペネトレーションテストとは、対象の社内ネットワークやプロダクトなどに対して、サイバー攻撃者によりシステムへの侵入・特権の奪取といった目標を達成されてしまうリスクの有無を検証するセキュリティテスト。実際の攻撃者を想定して擬似的に攻撃することで検証を行う。

同社のペネトレーションテストでは、事前のヒアリングによりユーザの要望や必要性に合わせ、専門のセキュリティエンジニアが次のテストを実施する。

・ブラックボックステスト
・ホワイトボックステスト
・システムの外部を起点とするテスト
・システムの内部を起点とするテスト

費用は500万円からで、対象とするシステムの規模や範囲、作業期間や労力によって費用が変わる。なお、テストは同社の社外取締役を務める上野宣氏もテストに携わる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  3. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  4. 東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

    東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

  5. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  6. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  7. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

  8. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  9. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  10. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

ランキングをもっと見る