PCI DSS対応のインシデント対応演習サービス提供開始(fjコンサルティング) | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

PCI DSS対応のインシデント対応演習サービス提供開始(fjコンサルティング)

fjコンサルティング株式会社は7月2日、「PCI DSS インシデント対応演習サービス」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
演習記録サンプル
演習記録サンプル 全 1 枚 拡大写真
fjコンサルティング株式会社は7月2日、「PCI DSS インシデント対応演習サービス」の提供を開始すると発表した。

クレジットカード等のセキュリティの国際基準であるPCI データセキュリティ基準(PCI DSS)では、クレジットカード情報の流出を想定した年1回のセキュリティインシデントの対応演習と、対応担当者のトレーニングを実施することを求めている。PCI DSSの各要件別のインシデント対応の記載事項は下記の通り。

・要件12.10.1
システム侵害が発生した場合に実施されるインシデント対応計画を作成する。

・要件12.10.2
少なくとも年に一度、要件12.10.1 にあげられたすべての要素を含め、計画をレビューおよびテストする。

・要件12.10.4
セキュリティ侵害への対応を担当するスタッフに適切なトレーニングを提供する。

「PCI DSS インシデント対応演習サービス」は、PCI DSS準拠維持または今後新規に準拠する企業向けに、各社個別のヒアリングに基づき具体的なカード情報流出の演習シナリオを策定し机上演習を行うことで、システムや体制面の課題の洗い出しや、対応に必要な費用算定を行う他、月間トランザクション数などの主要パラメータを元に想定されるいざインシデントが発生した際に想定される損害賠償額を定量的に算出する。

インシデント演習記録をもとに作成されたレポートが後日納品される。この演習記録はPCI DSS審査時に要件12.10.2の証跡として使用できる他、インシデント発生時の対応担当者が演習に参加した場合は、要件12.10.4の証跡としても機能する。

利用料金は税別で30万円から。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  8. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  9. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る