Google Cloud Armorの3つの主要機能を紹介(Google) | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

Google Cloud Armorの3つの主要機能を紹介(Google)

グーグル合同会社(Google)は8月4日、Google Cloud ArmorについてWebサイトとアプリケーションを保護する主要機能を紹介した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
グーグル合同会社(Google)は8月4日、Google Cloud ArmorについてWebサイトとアプリケーションを保護する主要機能を紹介した。

同社は2020年前半に、Google Cloud Armor向けにいくつかの重要な機能の一般提供を開始したが、これにはWAFルール、位置情報に基づくアクセス制御、カスタムルール言語、CDN送信元サーバーのサポート、ハイブリッドデプロイのシナリオのサポートなどが含まれている。

「Google Cloud Next ’20: OnAir」では、Cloud Armorを使用して攻撃の試みや分散型サービス拒否攻撃(DDoS)からWebサイトとアプリケーションを保護する方法について、下記3点の主要機能を中心にわかりやすく説明している。

1.Cloud Armor マネージドプロテクションプラス
Googleのネットワークエッジだけでなく、Google Cloud全体の一連のプロダクトとサービスを活用し、DDoS攻撃や標的型攻撃の試みからアプリケーションを保護。

2.名前付きIPリスト
同社が厳選した名前付きIPリストをベータ版として公開。

3.新しいWAFルール:RFI、LFI、RCE
事前構成されたWAFルールの範囲を Cloud Armor の全顧客に拡大する取り組みの一環として、リモートファイルインクルード(RFI)、ローカルファイルインクルード(LFI)、リモートコード実行(RCE)の各ルールをベータ版として提供。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. CrowdStrike 年次レポート公開 ~ サイバー攻撃は毒か薬か、驚愕の早さ ベトナムの中国への COVID-19 諜報攻勢

    CrowdStrike 年次レポート公開 ~ サイバー攻撃は毒か薬か、驚愕の早さ ベトナムの中国への COVID-19 諜報攻勢PR

  2. LogStareのSOCの窓 第3回「ログから見つけたリモート会議の不調の原因」

    LogStareのSOCの窓 第3回「ログから見つけたリモート会議の不調の原因」

  3. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  4. 健康食品販売ECサイトに不正アクセス、約1年3ヶ月間 決済情報流出に気付けず

    健康食品販売ECサイトに不正アクセス、約1年3ヶ月間 決済情報流出に気付けず

  5. 最後の経済フロンティア ~ アフリカのサイバー攻撃、ESETが3つの事例分析

    最後の経済フロンティア ~ アフリカのサイバー攻撃、ESETが3つの事例分析

  6. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  7. 平日なのに大阪市保健所の代表電話が繋がらず、オリンピック開催に伴う祝日変更を設定し忘れ

    平日なのに大阪市保健所の代表電話が繋がらず、オリンピック開催に伴う祝日変更を設定し忘れ

  8. NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

    NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

  9. KADOKAWAの台湾子会社へのランサムウェア攻撃、情報流出の痕跡は確認されず

    KADOKAWAの台湾子会社へのランサムウェア攻撃、情報流出の痕跡は確認されず

  10. 複数のOracle製品のクリティカルパッチアップデートについて注意喚起

    複数のOracle製品のクリティカルパッチアップデートについて注意喚起

ランキングをもっと見る