Google Cloud Armorの3つの主要機能を紹介(Google) | ScanNetSecurity
2020.09.18(金)

Google Cloud Armorの3つの主要機能を紹介(Google)

グーグル合同会社(Google)は8月4日、Google Cloud ArmorについてWebサイトとアプリケーションを保護する主要機能を紹介した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
グーグル合同会社(Google)は8月4日、Google Cloud ArmorについてWebサイトとアプリケーションを保護する主要機能を紹介した。

同社は2020年前半に、Google Cloud Armor向けにいくつかの重要な機能の一般提供を開始したが、これにはWAFルール、位置情報に基づくアクセス制御、カスタムルール言語、CDN送信元サーバーのサポート、ハイブリッドデプロイのシナリオのサポートなどが含まれている。

「Google Cloud Next ’20: OnAir」では、Cloud Armorを使用して攻撃の試みや分散型サービス拒否攻撃(DDoS)からWebサイトとアプリケーションを保護する方法について、下記3点の主要機能を中心にわかりやすく説明している。

1.Cloud Armor マネージドプロテクションプラス
Googleのネットワークエッジだけでなく、Google Cloud全体の一連のプロダクトとサービスを活用し、DDoS攻撃や標的型攻撃の試みからアプリケーションを保護。

2.名前付きIPリスト
同社が厳選した名前付きIPリストをベータ版として公開。

3.新しいWAFルール:RFI、LFI、RCE
事前構成されたWAFルールの範囲を Cloud Armor の全顧客に拡大する取り組みの一環として、リモートファイルインクルード(RFI)、ローカルファイルインクルード(LFI)、リモートコード実行(RCE)の各ルールをベータ版として提供。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

    TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  6. パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

    パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

  7. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  8. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  9. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  10. PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュール

    PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュールPR

ランキングをもっと見る