2024年までの国内情報ガバナンス・コンプライアンス市場を予測、市場規模は498億円に拡大 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

2024年までの国内情報ガバナンス・コンプライアンス市場を予測、市場規模は498億円に拡大

IDC Japan株式会社は11月11日、国内情報ガバナンス・コンプライアンス市場の2020年から2024年までの予測を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
国内情報ガバナンス・コンプライアンス市場、機能別売上額予測、2017年~2024年
国内情報ガバナンス・コンプライアンス市場、機能別売上額予測、2017年~2024年 全 1 枚 拡大写真
IDC Japan株式会社は11月11日、国内情報ガバナンス・コンプライアンス市場の2020年から2024年までの予測を発表した。情報ガバナンス・コンプライアンス市場は2019年から2024年の年間平均成長率(CAGR)は2.5%、市場規模は2019年の440億円から2024年には498億円に拡大すると予測している。

情報ガバナンス・コンプライアンス市場には、重要なIT資産へのアクセス権の付与や権限の変更などを行うID管理、情報漏えいを防止するDLP、エンドポイント暗号化、セキュアメッセージング(暗号化)、鍵管理、電子情報開示参考モデル(EDRM)の全範囲を網羅するeディスカバリーアプリケーションソフトウェア、セキュアなドキュメント共有やコラボレーションの機能などが含まれ、同調査では、DLPと暗号化・鍵管理、eディスカバリーアプリケーションソフトウェア、ID管理について予測分析を実施。

同社の予測では、国内暗号化・鍵管理市場の2019年から2024年のCAGRは3.1%で、売上額ベースの市場規模は2019年の139億円から2024年には162億円に拡大、国内DLP市場は、2019年から2024年の市場規模は2019年の56億円から2024年では58億円とほぼ横ばいで推移、国内eディスカバリーアプリケーションソフトウェア市場は、2019年から2024年のCAGRは5.5%で市場規模は2019年の65億円から2024年には85億円に拡大、国内ID管理市場は、2019年から2024年のCAGRは1.4%で市場規模は2019年の181億円から2024年には194億円に拡大するとしている。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop