365・Azure・Teams も、監視機能強化した「LogStare Collector」バージョン 2.1 リリース | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

365・Azure・Teams も、監視機能強化した「LogStare Collector」バージョン 2.1 リリース

株式会社セキュアヴェイルは2月18日、同社の100%子会社として2020年8月20日に設立した株式会社LogStareがセキュリティ運用ソフトウェア「LogStare Collector」の新バージョン2.1の販売・提供を2月17日から開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社セキュアヴェイルは2月18日、同社の100%子会社として2020年8月20日に設立した株式会社LogStareがセキュリティ運用ソフトウェア「LogStare Collector」の新バージョン2.1の販売・提供を2月17日から開始したと発表した。

「LogStare Collector」は、2020年8月にLogStareに開発を引き継ぎ販売開始した純国産のセキュリティ運用ソフトウェアで、2001年のセキュアヴェイル創業時からSOC(Security Operation Center)サービスを提供する同社の豊富な運用ノウハウを標準化して実装、ファイアウォールをはじめとしたネットワーク機器やサーバなど企業のITインフラの可視化や障害監視、ログ分析を手軽に実施できる点が評価され、多くのSIベンダーやユーザー企業に採用されている。

今回、リリースしたバージョン2.1ではメトリクス監視機能を強化、Microsoft 365(MicrosoftGraph)やMicrosoft AzureのAPIを用いたデータへのアクセスが可能となり、Microsoft社のクラウドサービスの膨大なデータとインテリジェンスへのアクセスを実現する。コミュニケーションプラットフォームMicrosoft Teamsのアクティビティも収集可能で、これらのデータは、各種ステータスの監視や様々な視点でのデータ分析や洞察の提供が可能となる。今後のバージョンアップで、各種アクティビティログの収集や保管、検索への対応を予定している。

新バージョンの価格は298,000円(税別)から、従来のLogStare Collectorからのバージョンアップは無料となる。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る