「電子契約サービス導入状況の実態調査」公表、業務効率化やコスト削減で一定の効果 | ScanNetSecurity
2021.05.13(木)

「電子契約サービス導入状況の実態調査」公表、業務効率化やコスト削減で一定の効果

株式会社ネオキャリアは3月31日、企業の法務部に勤める会社員302名を対象に実施した「電子契約サービス導入状況の実態調査」の結果を公表した

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
電子契約サービスを利用している企業は46.1%
電子契約サービスを利用している企業は46.1% 全 1 枚 拡大写真
株式会社ネオキャリアは3月31日、企業の法務部に勤める会社員302名を対象に実施した「電子契約サービス導入状況の実態調査」の結果を公表した

本調査によると、現在、電子契約サービスを利用している企業は46.1%で、その理由として「業務スピードを向上させるため」が70.5%で最多に、次いで「業務負担を軽減するため」が53.2%となった。逆に電子契約サービスを利用しない理由として「現状の運用で問題を感じていないため」が24.6%で最多であった。

電子契約サービス導入の効果として、56.9%が「契約締結まで1週間以上期間が短縮できた」と回答、54.5%が「1週間以上業務の効率化が図られた」と回答しており、期間短縮や業務の効率化に一定の効果があることが明らかになっている。また、コスト面でも電子契約サービス導入で「10~50万円」削減できたと17.3%が回答、「50~100万円」削減できたと10.1%が回答している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

    オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?PR

  2. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  3. NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

    NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

  4. もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催

    もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催PR

  5. メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

    メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

  6. 岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

    岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

  7. LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

    LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

  8. 製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

    製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

  9. NISC、大型連休明けに確認が必要な4点の情報について製品名を挙げて注意喚起

    NISC、大型連休明けに確認が必要な4点の情報について製品名を挙げて注意喚起

  10. 日本で最もセキュリティを大切にする大手通販が経験者採用中 ~ ジャパネットセキュリティ担当者座談会 5/18、6/8(火)19時開催

    日本で最もセキュリティを大切にする大手通販が経験者採用中 ~ ジャパネットセキュリティ担当者座談会 5/18、6/8(火)19時開催PR

ランキングをもっと見る