セキュリティ業界初の本格的 eスポーツ大会「LogStare eSports Series」開催、第1回種目は「Apex Legends」 | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

セキュリティ業界初の本格的 eスポーツ大会「LogStare eSports Series」開催、第1回種目は「Apex Legends」

株式会社LogStareは4月22日、eスポーツ大会「LogStare eSports Series」の開催を発表した。同社のグループ会社である株式会社セキュアヴェイルと株式会社キャリアヴェイルも同大会を後援する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
LogStare eSports Series 第1回 競技種目は Apex Legends
LogStare eSports Series 第1回 競技種目は Apex Legends 全 1 枚 拡大写真
株式会社LogStareは4月22日、eスポーツ大会「LogStare eSports Series」の開催を発表した。同社のグループ会社である株式会社セキュアヴェイルと株式会社キャリアヴェイルも同大会を後援する。

同大会は、ITセキュリティに関心を持つエンジニアが業界経験やスキルレベルを問わず広く交流を持てる場を提供することによって、次世代を担うセキュリティエンジニアの輩出や業界活性化を目指す。

同社によると2021年4月22日現在で業界初の取り組みとなる「LogStare eSports Series」では、「Game*Spark」をはじめとする数々のゲーム専門媒体を運営するイードが全面バックアップを行い、運営はITエンジニアの経歴を持ち、日本のeスポーツ界において広く知られる松本順一氏が代表取締役CEOを務める株式会社JCGが担当する。

「LogStare eSports Series」の第1回大会では、eスポーツにおいて人気の高い「Apex Legends」を競技種目としたトーナメント戦を6月19日に開催予定で、ITエンジニア、またはITエンジニアを目指す方を対象にエントリーを受け付けている。

なお第2回大会は種目を変更し、11月の開催を予定している。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メタップスペイメント「会費ペイ」「イベントペイ」への不正アクセス、不正利用が疑われるケースが複数発生

    メタップスペイメント「会費ペイ」「イベントペイ」への不正アクセス、不正利用が疑われるケースが複数発生

  2. 春日井リハビリテーション病院・附属クリニックに不正アクセスの疑い、カルテシステムのプログラムに不具合

    春日井リハビリテーション病院・附属クリニックに不正アクセスの疑い、カルテシステムのプログラムに不具合

  3. ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

    ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  4. 個人情報保護委員会で個人情報漏えい発生、意見提出者の氏名や所属先を削除せずに掲載

    個人情報保護委員会で個人情報漏えい発生、意見提出者の氏名や所属先を削除せずに掲載

  5. メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

    メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

  6. Internet Explorer サポート終了目前(2022/6/16)、IPA が注意喚起を再掲

    Internet Explorer サポート終了目前(2022/6/16)、IPA が注意喚起を再掲

  7. JIPDEC「Pマーク取得企業がランサムウェア被害にあったら必ず報告書提出」

    JIPDEC「Pマーク取得企業がランサムウェア被害にあったら必ず報告書提出」

  8. SOC as a Service、SHIFT SECURITY が日本のセキュリティ管理ノウハウを海外輸出しサービスとして逆輸入

    SOC as a Service、SHIFT SECURITY が日本のセキュリティ管理ノウハウを海外輸出しサービスとして逆輸入

  9. ビジネス文書含む HDD がフリーマーケットで販売、LAC 元社員 私的にバックアップし売却

    ビジネス文書含む HDD がフリーマーケットで販売、LAC 元社員 私的にバックアップし売却

  10. 中国が侵攻したら台湾は TSMC を破壊すべし ~ 米陸軍誌 2021年トップ論文

    中国が侵攻したら台湾は TSMC を破壊すべし ~ 米陸軍誌 2021年トップ論文

ランキングをもっと見る