PCI DSS 要件 6.5 対応の開発者向けオンライントレーニングを改訂、最新事例と 4 月施行の改正割賦販売法に対応 | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

PCI DSS 要件 6.5 対応の開発者向けオンライントレーニングを改訂、最新事例と 4 月施行の改正割賦販売法に対応

fjコンサルティング株式会社と株式会社セキュアスカイ・テクノロジーは5月10日、PCI DSS準拠維持のための「【PCI DSS要件6.5対応】開発者向け年次オンライントレーニングコース」を2021年度向けに改訂し5月より提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
fjコンサルティング株式会社と株式会社セキュアスカイ・テクノロジーは5月10日、PCI DSS準拠維持のための「【PCI DSS要件6.5対応】開発者向け年次オンライントレーニングコース」を2021年度向けに改訂し5月より提供すると発表した。fjコンサルティングの代表取締役CEOである瀬田陽介氏とセキュアスカイ・テクノロジーの取締役CTOであるはせがわ ようすけ氏が監修・講師を担当している。

本トレーニングコースは、PCI DSS要件6.5において1年間に一度受講が求められている「安全なコーディング技法」についてのトレーニングをeラーニング形式で提供、PCI DSSを専門とするペイメントカードセキュリティ業界のコンサルタントと国内のセキュリティコミュニティの第一人者が作成したオリジナル教材による実践的な講義を、受講者の都合に合わせて受講できる。

両社では本トレーニングコースを2020年から提供開始し、延べ100名以上が受講、2021年版では2020年に発生したカード情報流出事件の手口やキャッシュレスサービスの不正利用事件の事例を反映したeラーニング教材の改訂を行っている。また、2021年4月施行の改正割賦販売法やその実務上の指針となるクレジット・セキュリティガイドライン【2.0版】、PCI DSSバージョンアップに関しても解説を追加している。

サービス料金は受講者1名が3万円。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

    パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

  2. 富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

    富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

  3. スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

    スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

  4. 「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

    「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. 病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

    病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

  7. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

  8. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  9. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  10. Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

    Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

ランキングをもっと見る