プルーフポイント、サイバージムと共同で内部脅威をテーマとしたWebセミナーを開催 | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

プルーフポイント、サイバージムと共同で内部脅威をテーマとしたWebセミナーを開催

日本プルーフポイント株式会社は6月、株式会社サイバージムジャパンと共同で内部脅威をテーマとしたWebセミナー「情報漏えいは内部からが最多 経営層は内部脅威にどう立ち向かうべき」の開催を発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 日本プルーフポイント株式会社は6月、株式会社サイバージムジャパンと共同で内部脅威をテーマとしたWebセミナー「情報漏えいは内部からが最多 経営層は内部脅威にどう立ち向かうべき」の開催を発表した。

 本セミナーでは、慶應義塾大学の田村教授による、秘密保持契約のポイントやリーダーとして内部脅威を抑止するための具体的な対話術について紹介するとともに、朝日新聞須藤記者による、実際に日本で目の当たりにする内部脅威の実情とその影響について解説。さらにプルーフポイント社の内部脅威をリアルタイムに抑止するソリューション及びサイバージム社の内部脅威を抑止するセキュリティトレーニングとダークウェブ情報モニタリングについて紹介を行う。

●概要
日時:7月13日午後2時~3時40分
形式:オンラインセミナー(Zoom)
参加費:無料(事前登録制)
申込み方法:Webページから受付

●アジェンダ
1.開演のご挨拶
日本プルーフポイント代表取締役社長 茂木正之氏
2.基調講演1:「経営者のサイバーセキュリティ・マネジメントの新潮流~CRITICAL EYEによる信認関係構築~」
慶應義塾大学法学部 田村次朗教授
3.基調講演2:「日本における内部脅威の実態」
朝日新聞記者 須藤龍也氏
4.内部脅威をリアルタイムに抑止する
日本プルーフポイント シニア エバンジェリスト 増田幸美氏
5.内部脅威を抑止するセキュリティトレーニングとダークウェブ情報モニタリング
サイバージムジャパン取締役 伊倉宏之氏

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

    モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

  2. 新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

    新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

  3. メール誤送信のお詫び、Amazonギフト券500円分進呈

    メール誤送信のお詫び、Amazonギフト券500円分進呈

  4. 茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

    茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

  5. 「PR TIMES」への発表前情報の不正取得、特定IPアドレス以外についても遡って調査

    「PR TIMES」への発表前情報の不正取得、特定IPアドレス以外についても遡って調査

  6. ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

    ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

  7. 新型コロナ陽性者の個人情報をFAX誤送信、操作ミスで報道機関への短縮ダイヤルに触れたことに気付かず

    新型コロナ陽性者の個人情報をFAX誤送信、操作ミスで報道機関への短縮ダイヤルに触れたことに気付かず

  8. 216の新しい人生 ~ 41歳コンビニ店長の転職 外伝

    216の新しい人生 ~ 41歳コンビニ店長の転職 外伝PR

  9. IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

    IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

  10. 「サプライチェーン攻撃」の3種の弱点につけ込む攻撃が顕在化、トレンドマイクロ解説

    「サプライチェーン攻撃」の3種の弱点につけ込む攻撃が顕在化、トレンドマイクロ解説

ランキングをもっと見る