大阪府警、令和3年度のサイバー犯罪捜査官の選考案内開始 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

大阪府警、令和3年度のサイバー犯罪捜査官の選考案内開始

大阪府警察は7月2日、令和3年度(2021年度)サイバー犯罪捜査官(巡査部長)の採用選考について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 大阪府警察は7月2日、令和3年度(2021年度)サイバー犯罪捜査官(巡査部長)の採用選考について発表した。

 サイバー犯罪捜査官は、高度な情報処理技術でサイバー空間における犯罪捜査を専門的に行う警察官で、コンピュータ・ネットワーク等の専門知識を活かし、通信機器や差し押さえたデータの解析などの犯罪捜査から検挙までを手がける。また、サイバー犯罪被害防止のためのサイバーセキュリティ対策なども行う。

 受験資格は選考実施年度の3月31日現在の年齢が25歳以上40歳以下の者で、採用予定日にて情報処理に関する業務に従事した期間を通算2年以上有し、かつ下記のいずれかの試験に合格していること。

・応用情報技術者
・システム監査技術者
・エンベデッドシステムスペシャリスト
・ネットワークスペシャリスト
・ITサービスマネージャ
・ITストラテジスト
・システムアーキテクト
・プロジェクトマネージャ
・データベーススペシャリスト
・情報処理安全確保支援士
・技術士(情報工学部門)
※上記と同等以上の能力を有すると人事委員会が認める試験に合格している者

 選考案内配布は7月2日から、申込受付(郵送又はインターネット)は8月2日から8月31日までで、最終合格発表は12月中旬を予定している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  4. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  8. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  9. インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

    インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る