児童生徒に1人1台端末普及の「GIGAスクール構想」、6割の保護者はOSの種類も把握できず:トレンドマイクロ調査 | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

児童生徒に1人1台端末普及の「GIGAスクール構想」、6割の保護者はOSの種類も把握できず:トレンドマイクロ調査

当初 4 年間かけて「児童生徒向けの 1 人 1 台端末」「高速大容量の通信環境整備」などを実現する計画であったが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、計画を前倒しし、1 年間で実施されることになった。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
お子さまは次のどのOSの端末を受け取りましたか?(保護者)
お子さまは次のどのOSの端末を受け取りましたか?(保護者) 全 4 枚 拡大写真
 2019 年 12 月に文部科学省によって打ち出された「GIGAスクール構想」は、当初 4 年間かけて「児童生徒向けの 1 人 1 台端末」「高速大容量の通信環境整備」などを実現する計画であったが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、計画を前倒しし、1 年間で実施されることになった。

 こうした状況のなかで、セキュリティ企業のトレンドマイクロ株式会社は 7 月下旬、小学校 1 年生から中学校 3 年生の子を持つ保護者と、小中学校教員を対象に、「GIGAスクールにおけるセキュリティ実態調査2021」を実施し、その結果を公表した。

 同調査では 6 月 29 日から 6 月 30 日に、小学校 1 年生から中学校 3 年生の子どもがいる保護者と、国公私立の小中学校の教員 673 人 (保護者:342 人、教員:331 人)を対象に、GIGAスクールにおける 1 人 1 台端末のセキュリティ意識を明らかにする Web アンケートを実施した。

 文部科学省では GIGAスクール構想による 1 人 1 台端末を活用した学習を推進しているが、2021 年 6 月末時点で、子どもが学校から端末を受け取ったと回答した保護者は 41.2 %、教員は 70.7 %に留まっている。

 保護者への質問によると、受け取った端末の OS は「 Google Chrome OS 」が 17.0 %、「 iPadOS 」が 14.9 %、「 Microsoft Windows 」が 7.3 %となる中、「知らない・分からない」が 60.8 %を占めた。

 同様に教員への質問によると、受け取った端末のOSは「 Google Chrome OS 」が 34.4 %、「 iPadOS 」が 26.9 %、「 Microsoft Windows 」が 14.5 %で、「知らない・分からない」は 23 %に留まった。

 調査によれば、保護者の 22.0 %、教員の 38.5 %が、1 人 1 台端末の利用にて子どもがサイバー犯罪やネット利用等に関するトラブルを経験したと回答、教員の回答によると主なトラブル内容は「学習以外の用途での端末利用(ゲームや動画視聴など)」が 12.8 %、「フィッシング詐欺など不正サイトへの接続」が 12.0 %、「アカウント( ID とパスワード)情報を盗まれる・悪用される(アカウント乗っ取り、不正アクセスの被害者となる)」が 11.1 %、「アカウント( ID とパスワード)情報を盗む・悪用する(アカウント乗っ取り、不正アクセスの加害者となる)」が 11.1 %と続いた。

 また同調査では、保護者の 58.9 %、教員の 29.9 %が、子どもが受け取った端末について、危険回避の設定やツール等の技術的対策が実施されているか理解しておらず、子どもの端末利用に関する教育的対策についても、保護者、教員ともに「アプリを勝手にインストールしないよう教える」や ID パスワード等の扱いなど全 21 項目が半数に満たず、子どもの端末利用における教育が進んでいない状況が明らかとなった。

 端末の利用に際し児童生徒が遭遇し得るサイバー犯罪やネット利用等に関するトラブルとしては、保護者は「アカウント( ID とパスワード)情報を盗まれる・悪用される(アカウントのっとり、不正アクセスの被害者となる)」が 34.8 %、「ネット上での見知らぬ人との出会い」が 34.2 %、「不正アプリ(ウイルス)への感染」が 33.0 %と続き、保護者の約 7 割がサイバー犯罪やネット利用等に関する何かしらのトラブルを心配していることが判明した。

 同じ設問に関して教員は「アカウント( ID とパスワード)情報を盗まれる・悪用される(アカウントのっとり、不正アクセスの被害者となる)」が 35.0 %、「成人向けや暴力、違法行為など、不適切な Web サイトの閲覧」が 34.1 %、「友人とのネットを介したやりとりで子ども自身が傷ついてしまう(友人関係の悪化や炎上含む被害者となる)」が 33.8 %と続き、約 8 割がサイバー犯罪やネット利用等に関する何かしらのトラブルを心配していることが判明した。

 拙速で進められている GIGAスクール構想だが、一方で 2021 年 5 月には、児童生徒の 1 人 1 台端末保有などの変化に対応すべく「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」の第 2 回改訂版が公表されるなど、セキュリティの確保にも努力がなされている。保護者・教員・教育委員会がそれぞれ当事者としてセキュリティの確保による、安定した学びの機会提供が望まれる。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

    日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

  2. モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」

    モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」PR

  3. NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

    NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

  4. オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

    オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

  5. NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

    NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

  6. マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

    マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

  7. ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

    ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

  8. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  9. ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

    ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

  10. 非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

    非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

ランキングをもっと見る