OpenSSL に複数の脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.10.23(土)

OpenSSL に複数の脆弱性

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月25日、OpenSSL における複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月25日、OpenSSL における複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

・CVE-2021-3711
OpenSSL 1.1.1kおよびそれ以前のバージョン
OpenSSL 3.0 alpha/betaリリース(正式版リリース時までには修正予定)

・CVE-2021-3712
OpenSSL 1.1.1kおよびそれ以前のバージョン
OpenSSL 1.0.2yおよびそれ以前のバージョン

 現地時間8月24日に、OpenSSL ProjectからOpenSSLの脆弱性(CVE-2021-3711、CVE-2021-3712)に関する情報が公開された。それによると、OpenSSLには下記の脆弱性が存在する。

・SM2暗号データの復号処理におけるバッファオーバーフロー(CVE-2021-3711):深刻度 - 高
「SM2」で暗号化されたデータを復号するAPI関数を呼び出す際にバッファオーバーフローが発生する可能性があり、脆弱性を悪用する細工されたSM2データが渡されると、OpenSSLを実行しているアプリケーションの動作が変更されたり、サービス運用妨害(DoS)攻撃が行われたりする可能性がある。

・ASN.1文字列処理におけるバッファエラー(CVE-2021-3712):深刻度 - 中
脆弱性が悪用されると、メモリ上の機微な情報が読み取られたり、サービス運用妨害(DoS)攻撃が行われる可能性がある。

 OpenSSL Projectでは、本脆弱性への対策版として「OpenSSL 1.1.1l」をリリースしており、JVNではアップデートするよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

  3. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  4. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  5. 奈良県明日香村で個人情報が記載された文書を資源ごみに混入、盗難に遭い三重県名張市で投棄散乱

    奈良県明日香村で個人情報が記載された文書を資源ごみに混入、盗難に遭い三重県名張市で投棄散乱

  6. ワイヤー錠で固定実施済も、病院の超音波診断装置外付けHDD行方知れず

    ワイヤー錠で固定実施済も、病院の超音波診断装置外付けHDD行方知れず

  7. 水道局とパイプライン企業へのサイバー攻撃、制御システムで起こったインシデント2例追加

    水道局とパイプライン企業へのサイバー攻撃、制御システムで起こったインシデント2例追加

  8. proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

    proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

  9. 「サイバーセキュリティ・オンラインサミット 2021年(秋)」開催、編集長も講演

    「サイバーセキュリティ・オンラインサミット 2021年(秋)」開催、編集長も講演

  10. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

ランキングをもっと見る