[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

IT業界以外の多くの人は、コンピュータが仕事を奪うと考えていますが、今回のランサムウェアの被害を見ると、少なくともそれと同じくらいの速さで、新しい、より興味深い種類の仕事が生み出されています。

国際 TheRegister
[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白 前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」
[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白 前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」 全 1 枚 拡大写真

《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

    モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

  2. 静岡大学のクラウドサーバに不正アクセス、約53,000通の迷惑メール送信の踏み台に

    静岡大学のクラウドサーバに不正アクセス、約53,000通の迷惑メール送信の踏み台に

  3. IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

    IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

  4. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  5. 総務省ガイドラインの各項目チェック+コンサル、テレワーク環境の情報漏えいリスク可視化サービス(サイバートラスト、DNP)

    総務省ガイドラインの各項目チェック+コンサル、テレワーク環境の情報漏えいリスク可視化サービス(サイバートラスト、DNP)

ランキングをもっと見る
PageTop