フィッシング対策協議会、新たにDMARC解説を追加した送信ドメイン認証技術導入マニュアル第3版を公開 | ScanNetSecurity
2021.10.21(木)

フィッシング対策協議会、新たにDMARC解説を追加した送信ドメイン認証技術導入マニュアル第3版を公開

フィッシング対策協議会は10月5日、送信ドメイン認証技術導入マニュアル第3版を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 フィッシング対策協議会は10月5日、送信ドメイン認証技術導入マニュアル第3版を公開した。

 送信ドメイン認証技術とは、受信者が受け取ったメールについて送信者情報が詐称されていないかをドメイン名単位で確認(認証)する技術。送信ドメイン認証技術には、認証する送信者情報や認証に用いる仕組みが異なる複数の方式があり、利用にはメールの送信側と受信側のそれぞれで新たな設定や機能の導入が必要となる。

 本マニュアルでは、メールシステムの管理者やメール仕様の検討や導入を計画する企画担当者等を対象に、メールシステムの仕組みや各役割について説明、送信ドメイン認証技術の導入に必要な事項をまとめている。本マニュアルの改訂にあたって、第2版以降に仕様が作られた DMARC を中心に、これまでの SPF と DKIM との関係も含め解説している。

 本マニュアルは大きく基礎編と応用編で構成され、基礎編ではメールの基本的な仕組みと課題、SPF、DKIM、DMARC それぞれの送信ドメイン認証技術の技術仕様、関連するメールヘッダの仕様について解説している。応用編では、送信ドメイン認証技術を導入する際に検討すべき事柄についてDMARC 導入を前提に解説、送信ドメイン認証技術は、メールの送信側と受信側双方で新たな設定や機能の導入が必要となるため、送信側と受信側それぞれの立場で解説している。巻末に参考情報や用語の索引も付属。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

    非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

  2. 日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

    日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

  3. モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」

    モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」PR

  4. 富士病院に不正アクセス、システム障害発生に伴い診療制限を実施

    富士病院に不正アクセス、システム障害発生に伴い診療制限を実施

  5. 漏えい事故発生 その時企業は何をすべきか ~ 日本・台湾・タイ・EU 規制状況

    漏えい事故発生 その時企業は何をすべきか ~ 日本・台湾・タイ・EU 規制状況

  6. GSXが中堅企業へ提供するセキュリティアセスメントサービスが教える「日本人がとても知りたいこと」

    GSXが中堅企業へ提供するセキュリティアセスメントサービスが教える「日本人がとても知りたいこと」PR

  7. NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

    NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

  8. NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

    NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

  9. オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

    オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

  10. 教育機関デジタル化実態調査、オンライン学習に潜むサイバー不正行為に警鐘

    教育機関デジタル化実態調査、オンライン学習に潜むサイバー不正行為に警鐘

ランキングをもっと見る