ネット通販の不正注文検知サービス「不正チェッカー」を月額4,000円で提供 | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

ネット通販の不正注文検知サービス「不正チェッカー」を月額4,000円で提供

かっこ株式会社は10月19日、月額4,000円から利用できるネット通販の不正注文検知サービス「不正チェッカー」の提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 かっこ株式会社は10月19日、月額4,000円から利用できるネット通販の不正注文検知サービス「不正チェッカー」の提供開始を発表した。

 「不正チェッカー」は、ネット通販事業者向け不正注文検知サービス「O-PLUX」の一部機能を利用できるサービスで、アパレルやコスメ、健康食品といった高リスクかつ低単価商材で、事業規模が大きくないネット通販事業者や今後の被害拡大への備えを必要としている事業者が手軽に導入することが可能。

 「不正チェッカー」の上位サービスとして、個別の事情に合わせた対策の強化や、クレジットカード被害の補償サービスの適用など、事業規模の拡大やニーズに合わせ「O-PLUX」の様々なプランへの切替えに、柔軟に対応可能。

 「不正チェッカー」は初期料金5万円、1,000件分の審査含む月額固定料金4,000円で提供、12月28日の申し込みまで、初期料金無料のキャンペーンを実施している。

《高橋 潤哉》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

  2. 「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

    「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

  3. サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike  2021年度 脅威ハンティングレポート公開

    サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike 2021年度 脅威ハンティングレポート公開PR

  4. 日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

    日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

  5. Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

    Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

  6. C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

    C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

  7. 平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

    平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

  8. proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

    proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

  9. 「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

    「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

  10. トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

    トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

ランキングをもっと見る