2022年度の「実践サイバー演習 RPCI」の受付開始 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

2022年度の「実践サイバー演習 RPCI」の受付開始

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターは5月10日、公的機関が提供する情報処理安全確保支援士向け特定講習「実践サイバー演習 RPCI」の2022年度受講受付の開始を発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターは5月10日、公的機関が提供する情報処理安全確保支援士向け特定講習「実践サイバー演習 RPCI」の2022年度受講受付の開始を発表した。

 実践サイバー演習RPCIは、同センターが2017年からサイバーセキュリティ人材育成事業で培ってきた実践的演習のノウハウとNICTの大規模演習環境を活用し、情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)向けに演習シナリオを構成したインシデントハンドリング演習。

 同演習では、演習環境で擬似的に発生させたサイバー攻撃に、受講者は最大4人1組のCSIRTとしてチームで対処、チームメンバーがそれぞれ役割を持って課題に取り組み、インシデントハンドリングの一連の流れを経験することで、対処のポイントについて体験的に理解を深めることができる。

 2022年度の実践サイバー演習 RPCIは、2時間程度の事前学習(オンライン形式)と午前10時から午後6時までの集合演習(会場でのハンズオン&グループワーク)で行われ、受講費用は88,000円。

開催日程:6月16日(木)、7月2日(土)、7月14日(木)、8月18日(木)、9月15日(木)、10月20日(木)、11月17日(木)、12月3日(土)、12月16日(金)、2023年1月19日(木)
会場:NICTイノベーションセンター(千代田区大手町)
定員:32名/回
受講費用:88,000円(税込)
申込URL:https://rpci.nict.go.jp/

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

  10. 青山病院に不正アクセス、システムの一部で障害が発生

    青山病院に不正アクセス、システムの一部で障害が発生

ランキングをもっと見る