ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路

 2020 年 5 月、Blackbaud はランサムウェアに感染し、黙って犯人に支払いを済ませたが、同年 7 月までセキュリティ侵害について顧客に知らせなかった。

国際 TheRegister
(イメージ画像)
(イメージ画像) 全 1 枚 拡大写真

 クラウドソフトウェア販売会社である Blackbaud は、2020 年に発生したランサムウェア感染事件で顧客 13,000 人の 100 万件以上のファイルが盗まれたことについて、事実を誤認させるような説明を行なったとして、300 万ドルの支払いに同意した。

 米国の金融監視機関である SEC によると、Blackbaud は規制当局の調査結果を認めも否認もしていないが、300 万ドルを支払い、これ以上の違反行為を停止するとのことだ。

 「Blackbaud は、SEC とこの問題を解決できたことをうれしく思っており、弊社が継続的に報告および開示方針を改善していくうえで、SEC からの協力と建設的なフィードバックに感謝しています」と、The Register のインタビューにて、同社の最高財務責任者であるトニー・ブーアは語った。


《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  4. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  5. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

ランキングをもっと見る
PageTop