中国は米国へのサイバースパイを否定するが、それでもサイバー和平協定が結ばれる可能性はある~サイバー習近平がサイバーな対話にサイバーに準備しているとサイバーに主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.26(月)

中国は米国へのサイバースパイを否定するが、それでもサイバー和平協定が結ばれる可能性はある~サイバー習近平がサイバーな対話にサイバーに準備しているとサイバーに主張(The Register)

互いの国が「他国の重要なインフラを麻痺させることができるサイバー兵器を利用した最初の国」とならぬことを約束する準備を整えている、と New York Times は報じた。

国際 TheRegister
米国と中国は、まだサイバー戦争の和平協定を発表するものと考えられている──今週(編集部註:2015年9月第4週)末の、中国の最高指導者による米国の公式訪問が、それとは対照的な兆候を示しているにも関わらず。

中国国家主席の習近平は、その訪米の幕開けとして、Wall Street Journal に伝えている。「中国政府は、企業機密の窃盗には一切関与していない」

「中国は、サイバースパイ活動の犯人ではなく、むしろ犠牲者である」という、これまでの主張(セキュリティ分析者たちは、その否定に不信感を示してきた)に沿った話が、まさに中国政府のトップから発せられたことになる。「彼は図々しい嘘つきなのか、あるいは PLA や MSS、その他の『国家支援型』のハッカーたちが中国政府に属したものではないと考えているのか、そのいずれかだ」と、FireEye/Mandiant のストラテジスト Richard Bejtlich は Twitter に記した

《》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

    「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

  3. DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

    DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

  4. 権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

    権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

  5. 会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

    会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

  6. 帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

    帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

  7. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  8. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  9. 「セキュリティはチームスポーツ」CrowdStrike Services、Mark Goudie 氏インタビュー

    「セキュリティはチームスポーツ」CrowdStrike Services、Mark Goudie 氏インタビューPR

  10. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

ランキングをもっと見る