Telnetへの攻撃がわずかに増加、引き続きIoT機器を狙う攻撃が顕著(NICT) | ScanNetSecurity
2020.04.05(日)

Telnetへの攻撃がわずかに増加、引き続きIoT機器を狙う攻撃が顕著(NICT)

NICTは、「NICTER観測レポート2019」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
NICTERダークネット観測統計(過去10年間)
NICTERダークネット観測統計(過去10年間) 全 3 枚 拡大写真
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は2月10日、「NICTER観測レポート2019」を発表した。NICTサイバーセキュリティ研究所は、NICTERプロジェクトにおいて大規模サイバー攻撃観測網(ダークネット観測網)を構築し、2005年からサイバー攻撃関連通信の観測を続けている。2019年、ダークネット観測網(約30万IPアドレス)には、合計3,279億パケット(2018年は2,121億パケット)のサイバー攻撃関連通信を観測。これは1IPアドレスあたり約120万パケット(同:約79万パケット)が届いたことになる。

宛先ポート番号では、WebカメラなどのIoT機器に使用される「23/TCP」が24.2%を占め、Windowsサーバサービスに使用される「445/TCP」(5.4%)、モバイルルータやSSH認証サーバに使用される「22/TCP」(3.5%)、Webサーバ(HTTP)およびIoT機器(管理画面)に使用される「80/TCP」(3.2%)と続いた。

トップ10のポートが全体に対する割合は、2018年の46%から2019年は49%へとわずかに増加した。その原因は、Telnet「23/TCP」を狙った攻撃パケット数が294億パケットから364億パケットへと大きく減少したことが理由としている。その他のポート(Other Ports)の占める割合は全体の半数以上を占めるが、IoT機器で使用されるポート(機器のWeb管理インタフェース用ポートやUPnP関連ポート、機器に固有のサービス用ポートなど)が多数含まれており、それらのポートを合わせると、全体の約半数がIoT機器で動作するサービスや脆弱性を狙った攻撃になるという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

    全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

  2. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  3. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  4. 最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出

    最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出PR

  5. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  6. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  7. iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

    iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

  8. メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

    メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

  9. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  10. 新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

    新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

ランキングをもっと見る