マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.04.05(日)

マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

IPAは、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2020年2月)」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月12日、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2020年2月)」を発表した。一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も「2020年2月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」を発表している。これは、マイクロソフトが2020年2月度のセキュリティ更新プログラムを公開したことを受けたもの。
対象となるソフトウェアは次の通り。

・Microsoft Windows
・Microsoft Edge (EdgeHTML ベース)
・Microsoft Edge (Chromium ベース)
・ChakraCore
・Internet Explorer
・Microsoft Exchange Server
・Microsoft SQL Server
・Microsoft Office、Microsoft Office Services および Web Apps
・Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール
・Windows Surface Hub

これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってPCを制御されたりして、さまざまな被害が発生する可能性がある。また、CVE-2020-0674(スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性)について、Microsoft社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、修正プログラムを適用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

    全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

  2. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  3. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  4. 最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出

    最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出PR

  5. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  6. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  7. iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

    iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

  8. メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

    メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

  9. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  10. 新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

    新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

ランキングをもっと見る