テレワークのセキュリティリスクと対策をツールとともに紹介(ラック) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

テレワークのセキュリティリスクと対策をツールとともに紹介(ラック)

ラックは、テレワークにおけるセキュリティ対策を企業および従業員向けにまとめた「気を付けたい、テレワーク時のセキュリティ7つの落とし穴」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社ラックは3月18日、テレワークにおけるセキュリティ対策を企業および従業員向けにまとめた「気を付けたい、テレワーク時のセキュリティ7つの落とし穴」を公開した。テレワークには多くのメリットがある一方で、ウイルス感染や情報漏えいなどのリスクも存在する。テレワークを安全・安心に利活用するためには、サイバーリスクへの正しい理解が必要であるとしている。

「7つの落とし穴」では、同社が推進するテレワークの実例や経験をもとに、セキュリティの有識者による注意点と防御策を整理。7つのリスクとその対策にまとめている。また、セキュリティ対策の具体例として、同社が開発した無料セキュリティ診断サービス「自診(じしん)くん」およびTeamViewer(チームビューワー)社のテレワーク支援ツール「TeamViewer」を紹介している。

目次は以下の通り。

1:ウイルスの入り口対策 "インターネットに接続しただけでウイルス感染!"
2:ニセの会議招集メール "その会議は本物ですか?"
3:パソコンののぞき見による情報漏えい "肩越しの視線に気を付けて"
4:公共の場所でのWeb会議 "大声で機密を暴露"
5:公共無線LANやクラウドでの共有設定 "機密ファイルが大公開"
6:ネットワーク機器やパソコンのアップデート "家のネットが丸見え"
7:ニセの無料無線LAN "無料のつもりが情報漏えい"

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  2. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  5. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  6. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  7. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  8. IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

    IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

ランキングをもっと見る