Amexカードを騙るフィッシングメール報告、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

Amexカードを騙るフィッシングメール報告、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、アメリカン・エキスプレス・カードを騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
確認されたフィッシングメール
確認されたフィッシングメール 全 2 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は4月7日、アメリカン・エキスプレス・カードを騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。確認されているフィッシングメールは「【American Express】アカウントの異なる端末からのアクセスのお知らせ」「【重要】American Express 株式会社から緊急のご連絡」という件名で、異なる端末からのアクセスがあったとしてカードを一時利用停止にしたとして、利用再開のためにリンクをクリックさせようとする。

確認されたリンク先URLは次の通り。なお、これ以外のメールの件名やリンク先のドメイン名、URLなども使われている可能性がある。

サイトのURL
https://ameuexp●●●●.com/
http://ameriicanexp●●●●.com/

同協議会によると、4月7日11時の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼しているという。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性もあるとしている。さらに、このようなフィッシングサイトにてID、パスワード、カード番号、有効期限、セキュリティコード、生年月日、 CSC 、暗証番号などを絶対に入力しないよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る