COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー) | ScanNetSecurity
2020.09.19(土)

COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー)

マカフィー株式会社は7月、「McAfee Labs COVID-19脅威レポート:2020年7月」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は7月、「McAfee Labs COVID-19脅威レポート:2020年7月」を発表した。同レポートではCOVID-19関連の攻撃の詳細をまとめており、さらに同レポートを補完し、レポート発行後の状況をフォローするために「McAfee COVID-19 脅威ダッシュボード」の提供を開始した。

同レポートでは、サイバー犯罪者はCOVID-19のパンデミックに伴って在宅勤務が増えた機会を狙い、COVID-19をテーマにしたランサムウェア、RDP エクスプロイト、詐欺 URL、スパム等を使用し在宅勤務の従業員を騙そうとしており、COVID-19関連脅威は非常に数が多く様々な攻撃手法が用いられていると報告している。

グローバルな規模で在宅勤務への急激かつ大幅なシフトが起こる中、2020年1月から4月までのクラウド利用データを収集したところ、クラウドサービスを標的とした外部脅威は630%増加、特にMicrosoft Office 365のようなコラボレーションサービスに集中していた。また、クラウドアカウントで内部および外部脅威イベントが増加したのは輸送、物流、教育、政府機関で、これらの業界はクラウドサービスの生産性ツールの利用が増加したため、攻撃者はその波にのってアカウントアクセスやデータの抜き出しを試みているとのこと。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

    TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  6. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  7. パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

    パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

  8. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  9. LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

    LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

  10. PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュール

    PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュールPR

ランキングをもっと見る