自殺防止のためのリソースを増強、ハッシュタグでスペシャル絵文字も(Twitter Japan) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

自殺防止のためのリソースを増強、ハッシュタグでスペシャル絵文字も(Twitter Japan)

Twitter Japan株式会社は9月10日、自殺防止のためのリソースを増強したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Twitter Japan株式会社は9月10日、自殺防止のためのリソースを増強したと発表した。

世界保健機関(WHO)によると、毎年80万人近くが自殺しており、専門家は危機的状況が長引くと自殺率が高まる可能性があり、COVID-19の世界的な感染拡大が人々に極度の不安を引き起こし、メンタルヘルスの問題を抱え自殺行為に至ってしまう可能性を指摘している。

同社では9月10日の「世界自殺予防デー」に向けて、自殺や自傷行為の防止についての意識を高め、自殺や自傷行為の防止に関する情報やサービスへのアクセスを提供し、その認知を向上させていく取り組みを行っている。

同社は国際自殺予防学会(IASP)と連携を続けており、3年目となる今年も「世界自殺予防デー」のシンボルであるオレンジ色のリボンの形をし23カ国語に対応したスペシャル絵文字の提供を始める。絵文字は9月25日までの期間に、#WorldSuicidePreventionDay(世界自殺予防デー)、#WSPD、#WSPD2020、#SuicidePrevention(自殺防止)などのハッシュタグをつけてツイートすると表示される。

日本でも9月10日から16日の「自殺予防週間」に、#自殺予防週間、#いのち支える、#相談してみよう、#弱音を吐こう というハッシュタグでスペシャル絵文字が表示される。

また、Twitter上で自殺や自傷行為に関係するキーワードを検索すると、検索結果の一番上に、助けを求めるよう勧める案内が表示される。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  2. ランサムウェア対策ポータルサイト開設

    ランサムウェア対策ポータルサイト開設

  3. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  4. ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

    ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

  5. プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

    プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

  6. NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

    NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

  7. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  8. コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

    コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

  9. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  10. IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

    IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

ランキングをもっと見る