トレーニングと認定試験でセキュリスト(SecuriST)を認定、第1弾は「認定脆弱性診断士」 | ScanNetSecurity
2021.05.13(木)

トレーニングと認定試験でセキュリスト(SecuriST)を認定、第1弾は「認定脆弱性診断士」

グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は11月9日、トレーニングと認定試験で構成されるセキュリスト(SecuriST)認定資格制度のリリースを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は11月9日、トレーニングと認定試験で構成されるセキュリスト(SecuriST)認定資格制度のリリースを発表した。同制度の第1弾は「認定脆弱性診断士」で、株式会社トライコーダが研修コンテンツの監修を、EGセキュアソリューションズ株式会社が認定試験レビュアーとして、試験問題の評価を担当する。

「認定脆弱性診断士」では、情報システムのセキュリティテスト(脆弱性診断)に必要な技術やスキルをハンズオン含むトレーニングで学習、さらにそのスキルを認定試験で認定する仕組みとなる。

本認定は、JNSA配下の日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)のセキュリティオペレーションガイドラインWG(WG1)、およびOWASP Japan主催の共同ワーキンググループである脆弱性診断士スキルマッププロジェクトがスキルマップで定義する「Silver」レベル相当の知識、技術の修得を認定する。認定試験を受験し、合格することで「脆弱性診断士」として認定され、人事や発注に関する定性的な評価に活用可能となる。

同社が今回リリースする「認定Webアプリケーション脆弱性診断士 公式トレーニング」「認定ネットワーク脆弱性診断士 公式トレーニング」は、ともに「2日間の講座とハンズオンのトレーニング」+「1回分の認定資格試験」をセットで提供、トレーニングはオンラインで提供され、専用テキストや演習用環境も含み受講料金は200,000円(税抜)となっている。認定試験は30問の問題に60分で回答、全国のテストセンターで試験が行われ、資格有効期限は3年で、2021年3月から開始予定。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

    オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?PR

  2. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  3. NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

    NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

  4. もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催

    もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催PR

  5. メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

    メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

  6. 岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

    岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

  7. LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

    LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

  8. 製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

    製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

  9. NISC、大型連休明けに確認が必要な4点の情報について製品名を挙げて注意喚起

    NISC、大型連休明けに確認が必要な4点の情報について製品名を挙げて注意喚起

  10. 「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

    「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

ランキングをもっと見る