NISC、ランサムウェアによるサイバー攻撃に注意喚起 | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

NISC、ランサムウェアによるサイバー攻撃に注意喚起

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は11月26日、重要インフラ事業者等に向けてランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起を行った。

脆弱性と脅威 脅威動向
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は11月26日、重要インフラ事業者等に向けてランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起を行った。

NISCでは最近のランサムウェアの特徴として、2019年以降の「Maze」、「Sodinokibi(別名:REvil)」、「Clop」、「Snake(別名:EKANS)」、「Ragnar Locker」、「Ako」等のランサムウェアにて、あらかじめ窃取したデータを公開すると脅迫し、身代金を要求する「2段階の脅迫」手法、ならびに標的型攻撃等で利用される手法を用い、標的組織のネットワークに侵入し、機密情報や重要情報が格納されたサーバを特定しランサムウェアに感染させる「人手によるランサムウェア攻撃」の2点を紹介。

またNISCでは、ランサムウェアの感染を防止するための対策として、インターネットからアクセス可能な機器のインターネット公開の必要性の確認、リモートアクセス環境を構成する製品への迅速なアップデートや適切な設定が行われているかの確認、自組織で使用するPCやサーバ等のOS、アプリケーションが常に最新化されているかの確認、ウイルス対策ソフトの導入とパターンファイルの最新化、データの暗号化に備えた定期的なバックアップを挙げている。

NISCではさらに、不正アクセスを迅速に検知するための対応策としてサーバ、ネットワーク機器、PC等のログの監視を強化や振る舞い検知、EDR、CDM等の活用、インシデント対応を行うために対応計画が適切に策定できているか確認するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る