Atlassian製BitbucketにインストールディレクトリのACL設定不備による権限昇格の脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.03.07(日)

Atlassian製BitbucketにインストールディレクトリのACL設定不備による権限昇格の脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月19日、Atlassian製BitbucketのインストールディレクトリのACL設定不備による権限昇格の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月19日、Atlassian製BitbucketのインストールディレクトリのACL設定不備による権限昇格の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Bitbucket 6.10.9 より前のバージョン
Bitbucket 7.6.4 より前のバージョン
Bitbucket 7.7.x 系すべてのバージョン
Bitbucket 7.8.x 系すべてのバージョン
Bitbucket 7.9.x 系すべてのバージョン
Bitbucket 7.10.0

Atlassianが提供するソースコードおよびプロジェクト管理ツールBitbucketのインストーラには、「C:\Atlassian\Bitbucket\」のようなデフォルトのインストールディレクトリに対してACLを適切に設定できず、そのため管理者権限を持たないWindowsユーザに当該フォルダに悪意のあるDLLファイルを配置され、SYSTEM権限で任意のコードを実行してしまう可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、本脆弱性の対策としてリリースしたBitbucket 6.10.9、Bitbucket 7.6.4、Bitbucket 7.10.1にアップデートするよう注意を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  2. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  3. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  6. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  7. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  10. VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

    VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

ランキングをもっと見る