NISCの連休前後のセキュリティ注意喚起は実務性高い~具体的製品名・脆弱性・マルウェア名を列挙 | ScanNetSecurity
2021.05.12(水)

NISCの連休前後のセキュリティ注意喚起は実務性高い~具体的製品名・脆弱性・マルウェア名を列挙

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は4月26日、重要インフラ事業者等に向けて大型連休等に伴うセキュリティ上の留意点について発表した。リスクのある機器名称や新たに発見された脆弱性を具体的に挙げ、その対策について案内している。

脆弱性と脅威 脅威動向
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は4月26日、重要インフラ事業者等に向けて大型連休等に伴うセキュリティ上の留意点について発表した。リスクのある機器名称や新たに発見された脆弱性を具体的に挙げ、その対策について案内している。

NISCでは大型連休等に伴うセキュリティリスクとして、「テレワークに関するセキュリティリスク」「最近のマルウェアに関するセキュリティリスク」「新たに確認された脆弱性に関するセキュリティリスク」「システム更改等の作業に起因するリスク」「長期休暇に伴うリスク」の5点を挙げ、対策の検討が必要としている。

「テレワークに関するセキュリティリスク」では特に留意すべき点として、テレワークの利用拡大に伴うネットワーク負荷増大への対応として利用した旧型のVPN装置が起因となった機密情報の窃取やランサムウエア感染が発生していることを挙げ、対策について解説。

また「新たに確認された脆弱性に関するセキュリティリスク」では、特に留意すべき点として、最近明らかになったFortinet 製 Virtual Private Network(VPN)装置の脆弱性(CVE-2018-13379)、Ivanti 製 VPN 装置「Pulse Connect Secure」の脆弱性(CVE-2021-22893、CVE-2020-8260、CVE-2020-8243、CVE-2019-11510)、Windows のドメインコントローラの脆弱性(CVE-2020-1472)、Microsoft Exchange Server の脆弱性(CVE-2021-26855 等)を挙げ、これらは既に攻撃が確認されているとし注意を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

    オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?PR

  2. 「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

    「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

  3. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

  4. メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

    メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

  5. 廃棄扱いのはずの書類が郵送で届く、何者かが意図的に持ち出した可能性も

    廃棄扱いのはずの書類が郵送で届く、何者かが意図的に持ち出した可能性も

  6. ソフトバンク、10億円の支払い求める ~ 楽天モバイルへ営業秘密の利用停止と廃棄求め民事訴訟

    ソフトバンク、10億円の支払い求める ~ 楽天モバイルへ営業秘密の利用停止と廃棄求め民事訴訟

  7. セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称

    セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称

  8. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  9. 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの大学院棟会議室予約システムに不正アクセス、のべ6,507名の利用者情報流出

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの大学院棟会議室予約システムに不正アクセス、のべ6,507名の利用者情報流出

  10. Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み

    Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み

ランキングをもっと見る