国内で優先的に対処すべきリスク、サイバー攻撃・ウイルス感染による情報漏えいが3位に | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

国内で優先的に対処すべきリスク、サイバー攻撃・ウイルス感染による情報漏えいが3位に

 デロイト トーマツ グループは4月13日、日本の上場企業を対象とした「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2021年版を公表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 デロイト トーマツ グループは4月13日、日本の上場企業を対象とした「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2021年版を公表した。

 同調査は、デロイト トーマツ グループが2021年10月中旬から10月末に、日本の上場企業約3,500社を対象にアンケート形式で調査を実施し、377社から回答を得たもの。

 「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」によると、国内で優先的に対処すべきリスクは「異常気象、大規模な自然災害」が27.3%で1位に、「人材流出、人材獲得の困難による人材不足」が26.5%で2位に、「サイバー攻撃・ウイルス感染等による情報漏えい」が23.1%で昨年と同じ3位となった。

 また6位には「サイバー攻撃・ウイルス感染等による大規模システムダウン」が14.1%で前回の10位から上昇している。

 デロイト トーマツ グループでは同日、アジアの日系企業を対象とした「アジア進出日系企業におけるリスクマネジメントおよび不正の実態調査」2021年版も公表している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. 「マンション売却相談センター」に問い合わせた顧客の個人情報が閲覧可能に

    「マンション売却相談センター」に問い合わせた顧客の個人情報が閲覧可能に

ランキングをもっと見る