リチェルカセキュリティ、サイバーセキュリティ技術者向けトレーニング提供 | ScanNetSecurity
2023.04.01(土)

リチェルカセキュリティ、サイバーセキュリティ技術者向けトレーニング提供

 株式会社リチェルカセキュリティは3月8日、サイバーセキュリティ技術者向けトレーニングの一般提供の開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社リチェルカセキュリティは3月8日、サイバーセキュリティ技術者向けトレーニングの一般提供の開始を発表した。

 同社では、これまでの防衛セクターやセキュリティ企業を含む多岐にわたる属性の顧客へのトレーニングを手がけた実績に基づき、攻撃者視点に基づいた最先端のサイバーセキュリティ技術に関する知識と実践的技能を培う学習体験を提供する。

  公開中のトレーニングメニューでは、簡単なプログラムからブラウザに至るまで、脆弱性の分析手法と攻撃手法を段階的に学べるよう編成、要望に応じたオーダーメイドのトレーニングも提供可能。

 トレーニングメニューは下記の通りで、1日あたり1名につき15万円。

・Operational Exploit Debugging Level 1~3
多種多様な脆弱性とその攻撃手法を学習し、攻撃コードのデバッグ方法や修正方法を習得

・Practical Browser Exploitation
ブラウザのセキュリティ機構や脆弱性に関する体系的な知識と、脆弱性に対する具体的な攻撃ノウハウを習得

・Practical Greybox Fuzzing
バグ・脆弱性の自動発見技術であるファジングを学習

《高橋 潤哉》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. インターネットアーカイブが出版大手四社に破壊される可能性

    インターネットアーカイブが出版大手四社に破壊される可能性

  2. 家庭用ルーターの不正利用に注意喚起、設定変更されていないか定期確認を

    家庭用ルーターの不正利用に注意喚起、設定変更されていないか定期確認を

  3. ACCS、「海賊版ソフト利用に法的措置」メールに注意呼びかけ

    ACCS、「海賊版ソフト利用に法的措置」メールに注意呼びかけ

  4. ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路

    ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer3.0公開、求められる視野の拡大

    サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer3.0公開、求められる視野の拡大

  6. セキュリティ企業七つの大罪 ~ Rapid7 古川勝也 ヘラジカの教え

    セキュリティ企業七つの大罪 ~ Rapid7 古川勝也 ヘラジカの教えPR

  7. 日本シーサート協議会「サイバー攻撃演習/訓練実施マニュアル」と解説動画公開

    日本シーサート協議会「サイバー攻撃演習/訓練実施マニュアル」と解説動画公開

  8. サイバー犯罪者が悪用する9つの認知バイアス

    サイバー犯罪者が悪用する9つの認知バイアス

  9. 「住友不動産のふれあい+S」で3,378件の個人情報がアクセス可能な状態に

    「住友不動産のふれあい+S」で3,378件の個人情報がアクセス可能な状態に

  10. ビジネスの事情把握し絶妙なラインでセキュリティを提案し実行 ~ CAのセキュリティ選任組織

    ビジネスの事情把握し絶妙なラインでセキュリティを提案し実行 ~ CAのセキュリティ選任組織

ランキングをもっと見る