ヤフーが作りあげたセキュリティ教育 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

ヤフーが作りあげたセキュリティ教育

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

ヤフーの公式キャラクターけんさく(左)とえんじん(右)   於 ヤフー株式会社 コワーキングスペース LODGE エントランス
ヤフーの公式キャラクターけんさく(左)とえんじん(右) 於 ヤフー株式会社 コワーキングスペース LODGE エントランス 全 2 枚 拡大写真
※本稿は「セキュリティとユーザーエクスペリエンスは本当にトレードオフなのか」の補足記事です

3番目の講演となった、ヤフー株式会社の日野隆史氏による「セキュリティ教育とUXの知られざる関係? 結ばれていた赤い糸?」は、大切だがユーザの学習意欲が高いとはいえないセキュリティ教育の課題解決にUXデザインの思考プロセスを活用した教育事例を紹介し、今後のセキュリティ教育の進むべき方向についての提案を行った。

前2つのセッションではUI(ユーザインターフェイス)についての話だったが、本セッションではユーザが何を体験するかというUX(ユーザエクスペリエンス)の観点で語られた。

ヤフーでは、15年前のYahoo! BB漏えい事件において、当時は各組織に求める能力や役割が明確化されておらず、役割や能力に相応しいセキュリティ教育の必要性を感じたとのこと。

例えば、お客さんと接する部署とシステム担当、責任者と部下では当然、インシデント発生時の初動が違ってくるので、適切な対応ができるようにしなければならないと述べた。

ヤフーのセキュリティ教育を分析したところ、ある教育カテゴリが空白であることが判明したという。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高杉 世界》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る