テレワークにおけるセキュリティ上の考慮事項を整理(ブロードバンドセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.01.20(水)

テレワークにおけるセキュリティ上の考慮事項を整理(ブロードバンドセキュリティ)

ブロードバンドセキュリティは、「テレワークにおける情報セキュリティ上の考慮事項」を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ブロードバンドセキュリティは4月20日、「テレワークにおける情報セキュリティ上の考慮事項」を公開した。テレワークの急速な拡大にともない、セキュリティインシデントの発生およびその対応要望が寄せられていること、またその発生頻度が今後ますます拡大することが予想されることから、 注意喚起を目的に公開した、

考慮事項は、「技術面」「統制面」「個人端末利用」の3つの項目で構成されており、それぞれ詳細な内容が記載されている。たとえば「技術面」では、「1.端末のセキュリティ」「2.ネットワークの接続手段と通信環境の安全性」「3.無線LANの取り扱い」「4.パスワード強度の見直し、多要素認証」「5.ファイル共有サービスの利用時の注意」「6.セキュリティ監視」の6つの項目が設けられ、それぞれの概要や注意点、必要な対策、同社の関連ソリューションなどが記載されている。

●技術面
1.端末のセキュリティ
2.ネットワークの接続手段と通信環境の安全性
3.無線LANの取り扱い
4.パスワード強度の見直し、多要素認証
5.ファイル共有サービスの利用時の注意
6.セキュリティ監視

●統制面
1. テレワークの作業場所と盗み見対策
2. 資料のバックアップ
3. テレワーク対象端末の台帳記載
4. 情報伝達手段
5. コミュニケーションツール利用時の注意
6. 不審メール増加への注意
7. インシデントレスポンス
8. 従業員に対する教育

●個人端末利用
個人所有の端末で自宅の接続環境から業務せざるをえない場合の代替措置

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  6. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  7. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  8. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  9. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

  10. 東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

    東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

ランキングをもっと見る