基準適合サービスリスト更新、脆弱性診断サービスは 7 社追加 | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

基準適合サービスリスト更新、脆弱性診断サービスは 7 社追加

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月1日、情報セキュリティサービス基準適合サービスリストを更新した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月1日、情報セキュリティサービス基準適合サービスリストを更新した。

「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」は、経済産業省が策定した「情報セキュリティサービス基準」への適合性を各審査登録機関に審査され適合すると認められ、各機関の登録台帳に登録され、誓約書をIPAに提出した事業者の各情報セキュリティサービスを掲載したもの。同リストの掲載期間は、審査登録機関の定める登録有効期間または2年間のうち短い方の期間となる。

同リストは、サービス分野ごとに「情報セキュリティ監査サービス」「脆弱性診断サービス」「デジタルフォレンジックサービス」「セキュリティ監視・運用サービス 」の4つのカテゴリに分かれている。

2月1日に更新された「脆弱性診断サービス」カテゴリに新たに登録されたのは、扶桑電通株式会社、株式会社セキュアブレイン、株式会社スリーシェイク、ALH株式会社、株式会社セキュアスカイ・テクノロジー、株式会社アピリッツ、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社(いずれも2020年12月20日登録)の計7社となる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

    ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

  2. 滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

    滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

  3. みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

    みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

  4. 警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

    警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

  5. DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

    DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

  6. メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

    メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

  7. 複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性

    複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性

  8. 日本政策投資銀行のシンガポールグループ会社にサイバー攻撃

    日本政策投資銀行のシンガポールグループ会社にサイバー攻撃

  9. ガートナー 2022年サイバーセキュリティ展望トップ8

    ガートナー 2022年サイバーセキュリティ展望トップ8

  10. オンライン診療 5つの問題点、カスペルスキー解説

    オンライン診療 5つの問題点、カスペルスキー解説

ランキングをもっと見る