IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省) | ScanNetSecurity
2020.07.02(木)

IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

総務省サイバーセキュリティタスクフォースは、「IoT・5Gセキュリティ総合対策 プログレスレポート2020」を公表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
IoT機器のセキュリティ対策に関する技術基準の改正
IoT機器のセキュリティ対策に関する技術基準の改正 全 3 枚 拡大写真
総務省サイバーセキュリティタスクフォースは5月22日、「IoT・5Gセキュリティ総合対策 プログレスレポート2020」を公表した。同タスクフォースでは、2019年8月に「IoT・5Gセキュリティ総合対策」を策定・公表しており、2020年1月には7月より開催される予定であった2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた対処として、「我が国のサイバーセキュリティ強化に向け速やかに取り組むべき事項 [緊急提言]」を公表している。今回、総合対策の進捗状況と今後の取組の方向性について、プログレスレポートとして整理した。

「総合対策の進捗状況と今後の取組」の情報通信サービス・ネットワークの個別分野では、IoT、5G、クラウドサービス、スマートシティ、トラストサービス、公衆無線LAN、重要インフラとしての情報通信分野、地域の情報通信サービスのそれぞれについて、セキュリティ対策の進捗状況および今後の取り組みについてまとめている。また横断的施策では、研究開発の推進、人材育成・普及啓発の推進、国際連携の推進、情報共有・情報開示の促進をまとめている。

たとえば、IoTのセキュリティ対策については、IoT機器のセキュリティ対策に関する技術基準の改正、一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)がIoT機器のセキュリティ要件を定め、2019年10月から認証プログラム(民間の任意認証)の開始、一般社団法人デジタルライフ推進協会(DLPA)による、出荷時からセキュリティ対策機能が搭載されている家庭用Wi-Fiルータを「DLPA推奨Wi-Fiルータ」として推奨を開始したことなどが挙げられている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  2. 「不正なデバイスの検知でau IDをロックした」au騙る偽メール(フィッシング対策協議会)

    「不正なデバイスの検知でau IDをロックした」au騙る偽メール(フィッシング対策協議会)

  3. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  4. 自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市)

    自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市)

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  7. ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ  (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

    ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

  8. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  9. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  10. クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

    クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

ランキングをもっと見る