送受信の暗号化や送信元ドメイン認証が行われていないメールサーバが 40 %以上 | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

送受信の暗号化や送信元ドメイン認証が行われていないメールサーバが 40 %以上

 株式会社デージーネットは1月25日、メールサーバの安全性について課題の傾向・考察をまとめた統計レポートを公表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 株式会社デージーネットは1月25日、メールサーバの安全性について課題の傾向・考察をまとめた統計レポートを公表した。

 同レポートは、デージーネットが提供するメールサーバセキュリティ診断サービス「MSchecker」で2021年1月から12月に実施したセキュリティ診断の集計をもとに、メールサーバの安全性についてまとめている。

 同レポートによると、最低限対策しておくべき「暗号化した通信でのメール送受信」や「送信元ドメイン認証」の対策が行われていない「改善が必要」と判定された企業のメールサーバが、1年前と比較し10%減少したが未だ40%以上あることが判明した。

 対策の内訳を確認すると「暗号化した通信でのメール送受信」または「送信元DNS逆引き」のいずれかを対策した企業は増えているが、「送信元ドメイン認証」の対策が進んでおらず、メールセキュリティ対策では、いずれかの対策を行うのではなく両方の対策を行う必要があると指摘している。

 MScheckerでは「送信元ドメイン認証」について、SPFチェックとDKIMチェックのどちらかが設定されていることが安全と判定するための条件の一つとしているが、いずれも設定されていない「両方NG」と判定されたメールサーバが16%であることが判明した。

 同レポートでは、統計結果から最低限対策しておくべきセキュリティ対策が一部分しかできていない事実が判明しており、メールセキュリティ強化のために複数のセキュリティ対策を組み合わせて実施する必要性に言及している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

    「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

  2. PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

    PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

  3. 国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

    国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

  4. 京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

    京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

  5. 二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

    二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

  6. 2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

    2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

  7. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  8. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  9. 順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

    順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

  10. 実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

    実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

ランキングをもっと見る